無職の人が金策するにはどうすればよい?

一人暮らしをしている人で無職という人はまずいないと思いますが、親と同居している人なら無職の人も意外とたくさんいるのではないでしょうか。「家事手伝いだから無職にはならない」「専業主婦は無職にはならない」という人もいると思いますが、金融機関においてはどちらも「無職」と同じ扱いとなります。

 

「総量規制」という法律が施行されるようになった今、無職に分類される人は往々にして消費者金融などのキャッシングサービスの利用は難しくなっています。
しかし無職の人でもまとまったお金が必要になることは当然あります。そんな時、無職の人は金融機関でお金を借りることができるのでしょうか?

 

【無職で金策するにはキャッシングがオススメ!】
たとえ無職でも、毎月安定した収入があれば銀行や大手で即日融資お金借りることはできます。収入はそれほど多くなくても構いません。とにかく今すぐにお金を借りたい、という時には即日融資が可能なキャッシングサービスを利用するのがオススメです。

 

とはいえ、言ってみればほぼ無収入のニート状態にある人が大手銀行や名の知れた消費者金融でお金を借りるというのはなかなか難しく、審査に通らない確率の方が高いでしょう。
お金を貸す側もボランティアで貸すわけではないのですから、返済できる可能性の低い人には貸したがらないのは当然だと言えます。

 

 

【人気の高い金融機関のキャッシングサービスを利用するには】
キャッシングサービスにも人気の高いものからそうでないものまでいろいろありますが、どうせ借りるなら人気の高いところで借りたいものです。
無職でも人気のあるキャッシングサービスを利用するためには、
・アルバイトやパートをする
・仕事を始めたら、その仕事を一定期間は続けるようにする
・実家に住んでいる場合は家族との同居を続ける
といった点を守ることが重要です。

 

人気の高い金融機関でキャッシングするには、なんといっても「働いているかどうか」ということが一番のポイントになります。
それからアルバイトを初めて収入が得られるようになると、「一人暮らしがしたい」と思う気持ちもあるとは思いますが、ある程度の期間働いて生活の基盤をしっかりとするまでは、家族と同居していた方がキャッシングの審査にも通りやすいと言われています。
勤続年数もキャッシングの審査においてはとても重要になりますから、借り入れの申し込みをしたいならまずは「一定期間働く」ということがとても大切です。

 

【専業主婦がお金を借りるには?】

専業主婦が金融機関でお金を借りるには、総量規制が適用されていない銀行なら利用することができます。
消費者金融の場合、大手は無理でも街金ならば条件付きで利用できるところもあるようです。
しかしやはり安全で有名な消費者金融でお金を借りたい、という専業主婦の人はまずはパートなどの仕事を始めるのがオススメです。

 

参考→土日にお金を借りる

 

【ヤミ金は利用しないのが得策!】

ニートの人の場合、安全で有名なところのキャッシングサービスを利用するのはなかなか難しく、そのためヤミ金に手を出してしまう人もいるかもしれません。
ヤミ金なら、ニートでも親と同居していればお金を貸してくれるところが多いようです。
しかしそれは当人が返済できなかった時、親に取り立てができると考えているためです。
そうなれば借金をした当人が怖い思いをするだけでなく、親にも迷惑がかかってしまいます。
またヤミ金は利息が高く、実際に借りたお金よりも利息のほうが高額になってしまうケースも珍しくありません。
ですからニートの人も、ヤミ金でお金を借りるというのは辞めたほうがよいでしょう。
お金が必要になったらまずはアルバイトなどの仕事に就き、自分の力でも返済ができるようにすることが大切です。
それができるようになれば、大手の消費者金融からのキャッシングを利用することも可能になるはずです。